静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

西日本豪雨 被災地ルポ(下)現場復旧「支えたい」 広島・呉

(2018/7/14 08:18)
花が供えられた土石流被害の現場を山岡秀幸自治会長(右)と確認する鳥羽茂常務理事=13日午後2時半ごろ、広島県呉市阿賀町冠崎地区
花が供えられた土石流被害の現場を山岡秀幸自治会長(右)と確認する鳥羽茂常務理事=13日午後2時半ごろ、広島県呉市阿賀町冠崎地区

 西日本豪雨で流れ出た土砂に多くの民家が押しつぶされた広島県呉市。13日、市内の公共施設を訪ねると、わが家を失った多くの地元住民が避難生活を送っていた。静岡県からもボランティアが続々と現地入りし、被災者の支援活動を本格化させている。
 海岸線から続く急坂に集落がある呉市阿賀町冠崎(かぶらさき)地区。7日朝、大雨で緩んだ斜面で土石流が発生し、犠牲者も出た。山岡秀幸自治会長(69)は土砂や倒木が複数の民家を飲み込んでいる光景に立ちすくんだ。「何も手が出せない状態だった」と振り返る。
 高齢者が多い同地区では雨がやんだ後も、土砂の撤去作業がなかなか進まなかった。そんな中、現地入りした静岡県ボランティア協会のバスが13日、呉市内の高校生ボランティアら32人を同地区に送り届けた。山岡さんは「フレッシュな若者の力は助かる。一気にペースアップした」と語る。同協会関係者の5人は12日夜、バスで被災地にやって来た。常務理事の鳥羽茂さん(60)らは「復旧を側面から支えたい」と、今後もバスによる人員輸送を続ける。
 多くの家屋が土砂崩れや浸水の被害を受けた同市安浦町では、住民約50人が市民センターで避難生活を送っていた。避難者の多くは、日中は自宅に戻り、水に漬かった家具や泥を屋外に出す作業に励む。
 

防災・減災の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト