静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

災害時の課題共有 静岡県病院協会が図上訓練 浜松

(2017/11/5 08:26)
災害時の課題を話し合う参加者=2日、浜松市浜北区の浜松赤十字病院
災害時の課題を話し合う参加者=2日、浜松市浜北区の浜松赤十字病院

 静岡県病院協会は2日夜、災害医療地域連携図上訓練を災害拠点病院の浜松赤十字病院(浜松市浜北区)で行い、市や自治会、警察、消防などの関係者約40人が参加した。県内の中東部の医療関係者約30人が様子を視察した。
 同病院周辺の病院による市北部災害救護病院連絡会と、自治会などの災害医療地域連携検討会が開く会合で出た災害時の課題を共有。県の医療救護計画で定める学校などの避難所付近の救護所について、傷病者は救護所ではなく病院を直接目指すのではとの指摘の一方、災害拠点病院の機能を発揮させるために住民自らトリアージを行えるようになるべきとの意見も出た。
 訓練は年に1度、県内の災害拠点病院で開催。

防災・減災の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト