静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

判定会長が地震対策解説 静岡県防災士養成講座開講

(2017/9/13 07:53)
地震のメカニズムや予知について解説する平田直会長=12日午後、静岡市駿河区の県立大
地震のメカニズムや予知について解説する平田直会長=12日午後、静岡市駿河区の県立大

 防災現場で活躍できる人材を養成する「静岡県ふじのくに防災士養成講座」(県主催)の2017年度講座が12日、静岡市駿河区の県立大で開講した。
 開会式後の公開講座には、地震防災対策強化地域判定会の平田直会長が登壇した。中央防災会議が東海地震の直前予知を否定し、大規模地震対策特別措置法(大震法)の見直しを求める報告書をまとめたことを踏まえ、平田会長は「大きな考えの変換だが、地震発生前に防災対策を取る概念は変わらず重要」と指摘した。直前予知の代わりに「不確実な地震発生予測」を活用する仕組みについては、「地震発生の可能性と社会の脆弱(ぜいじゃく)性を勘案し、地域の合意形成を図りながら、きめ細やかな防災対応計画をつくるべき」と訴えた。
 名古屋大減災連携研究センターの福和伸夫センター長も講演を行った。福和センター長は映画や歴史など多方面から地震対策を説明し、「過去の震災を教訓に、必ず発生する南海トラフ地震に備えなければいけない。産官学民の総力を集結し、団結した減災活動を進めるべき」と連携の重要性を強調した。

防災・減災の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト