静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

津波・水難から子供守れ 救命胴衣になる「通学バッグ」製品化

(2015/12/31 10:50)
大石さん夫妻が製品化したライフジャケットに活用できるトートバッグ「フロートート」=焼津市西小川
大石さん夫妻が製品化したライフジャケットに活用できるトートバッグ「フロートート」=焼津市西小川

 焼津市西小川の大石桂三さん、里枝さん夫妻が開発してきた、ライフジャケットに活用できる通学用トートバッグ「フロートート」が2月に製品化される。すでに地元幼稚園の保護者から注文が入り、高知海上保安部(高知県)の講習でも活用されるなど、幅広い分野から注目が集まっている。
 東日本大震災を教訓に、登下校中の子供たちの安全を守ろうと、4年半以上をかけて開発を進めてきた。有事の際、ファスナーを開いて頭からかぶりベルトを止めると、ライフジャケットとして使用できる。
 柔らかくて強い浮力体を使用し、目立つようにオリジナルの黄色を配色。高音の笛や反射材を取り付けて細部にこだわった。縦31センチ、横35センチで、体重45キロまで対応できる。特許は2012年12月に申請し、15年8月に取得した。

防災・減災の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト