静岡新聞NEWS

自転車事故ゼロへ、取り締まり強化 静岡県交通安全対策会議

(2019/3/16 07:36)

 静岡県、県警、市町などでつくる県交通安全対策会議が15日、県庁で開かれ、2019年度の県交通安全実施計画として、自転車事故や高齢者事故、横断歩道を横断中の歩行者事故の防止対策などを強化することを決めた。
 自転車利用者らに損害賠償保険加入を義務付ける「自転車の安全適正利用促進条例」の周知を図るほか、外国人サイクリスト向けに交通ルールを紹介するリーフレットを作製する。横断歩行者妨害など重大事故に直結する違反を重点的に取り締まることも盛り込んだ。
 会長を務める川勝平太知事は「自転車事故をゼロに近づけ、死者を出さないようにしたい」とあいさつした。県警の小嶋典明本部長は「子供と高齢者の事故防止を最重点に取り組んでいく」と述べた。
 18年に県内で発生した交通事故は2万8402件、死者は104人でいずれも前年を下回った。第10次県交通安全計画(16~20年度)では、20年末までに年間死者を100人以下、事故発生件数を3万件以下にする目標を掲げている。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト