静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

台風影響、接岨峡温泉の供給停止 書き入れ時控え復旧急ぐ

(2018/10/14 07:33)
半月近く温泉の休業が続く接岨峡温泉会館=12日、川根本町梅地
半月近く温泉の休業が続く接岨峡温泉会館=12日、川根本町梅地

 川根本町の接岨峡温泉で、台風24号の影響による温泉の供給停止が9月30日から続いていることが13日までに分かった。地元は書き入れ時の秋の観光シーズンを控えている。温泉管を管理する町は15日に通水テストを行い、「できる限り早い復旧を目指したい」(観光商工課)としている。
 町などによると、接岨地区では、電柱倒壊による停電などで12日まで温泉をくみ出すポンプが動かせなくなっていた。地中に埋められていた温泉管が道路崩落によってむき出しになり、損傷している可能性があるという。
 ポンプは通電によって稼働できるようになったが、温泉管の損傷の程度によっては供給停止が長引く可能性もある。
 接岨地区には3軒の温泉宿と町民も利用する日帰り温泉があり、紅葉シーズンの10、11月は月約千~2千人の観光客が見込めるという。
 民宿「森林露天風呂」では、既に5件ほどの宿泊予約がキャンセルになった。経営する長嶋勝さん(75)は「こうした被害は町内の他の温泉地でも起こりうる。近隣施設から湯をもらうといった連携の仕組みづくりが必要では」と話す。
 接岨峡温泉会館の海野勝至館長は「知らずに訪れた観光客を残念がらせてしまっている。電気が復旧したのなら、すぐにでも通水を開始してほしい」と話す。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト