静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

個人輸入薬で健康被害 40代女性、静岡県が注意喚起

(2018/10/13 07:57)

 静岡県は12日、県西部の40代女性が、タイからダイエット目的で個人輸入した医薬品によるとみられる健康被害を受けたとして、国の無承認無許可医薬品を使用しないように注意を呼び掛けた。
 県によると、女性はインターネットサイトを通じ、タイから「ヤンヒーホスピタルダイエット」という製品を個人輸入した。同製品のカプセル剤と錠剤を2017年5月~18年8月に毎日服用したところ、動悸(どうき)やふらつき、四肢のまひなどの症状が現れ、県内の医療機関に9月上旬に入院した。
 保健所から連絡を受けた県が製品を調べたところ、低カリウム血症などの副作用がある医薬品成分が検出された。女性は数日後に退院し、現在は回復しているという。
 県によると、「ホスピタルダイエット」「MDクリニックダイエット」などと称するタイのダイエット薬が原因とみられる健康被害は02年以降、全国で21例が報告されている。このうち3例では死亡者が出ていて、厚生労働省も注意喚起している。県薬事課の担当者は「安易な個人輸入や無承認無許可医薬品の使用はしない。健康被害を受けた場合はすぐに医療機関に受診し、保健所へ連絡してほしい」と話した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト