静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

運営会社、開業直前変更 静岡の再開発ビル内老人ホーム

(2018/10/11 09:13)

 静岡市葵区呉服町に建設中の再開発ビルで、7日から利用者が入居開始予定だった有料老人ホームの運営会社が開業直前に変更されたことが、関係会社や市への取材で10日までに分かった。別会社が運営を引き継ぎ、18日から入居を開始する。
 有料老人ホーム(奈良県)が再開発ビル8~13階で運営する予定で賃貸借予約契約を結んでいたが、所有者(東京)が10日までに契約を解除した。所有者は解除の理由を明らかにしていない。
 代わりに全国で有料老人ホーム事業を展開する大阪の別会社と同日付けで賃貸借契約を結んだ。今後、約20組の入居予定者らに通知する。
 新しい運営会社によると、有料老人ホームのサービス内容や入居料は前の運営会社側が提示してきたものを大筋で引き継ぐ。同社は「急な運営決定は初めてのケースだが、実績を生かしてサービスを提供できると判断した」とする。
 静岡市は契約解除となった運営会社と高齢者の移住促進に向けた連携協定を結んでいた。
 新しい運営会社と同じ内容の協定を結び、当初の予定通り、10月中に連携事業を開始するという。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト