静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

<台風24号>暴風吹き荒れる 静岡県内、倒木や車横転相次ぐ

(2018/10/1 14:32)
強風で屋根の一部がはがれた焼津漁業協同組合の荷さばき所=1日午前10時ごろ、焼津市の焼津外港
強風で屋根の一部がはがれた焼津漁業協同組合の荷さばき所=1日午前10時ごろ、焼津市の焼津外港
橋の上で横転したトラック=1日午前2時20分ごろ、富士市の新富士川橋(画像の一部を加工しています)
橋の上で横転したトラック=1日午前2時20分ごろ、富士市の新富士川橋(画像の一部を加工しています)

 9月30日から1日にかけて日本列島を縦断した大型で強い台風24号は、記録的な暴風で静岡県内にも大きな痕跡を残した。市街地では倒木や屋根が壊れるなどの被害が相次いだほか、山間部でも土砂崩れなどが発生。道路を走行中の車が横転する事故も複数の場所で起きた。
 焼津市の焼津漁業協同組合の荷さばき所では屋根の一部がはがれた。伊東市によると市内で倒木が13カ所、市営住宅や商店などの屋根やシャッターが破損する被害が5件確認されたという。
 山間部の静岡市葵区梅ケ島地区では県道梅ケ島温泉昭和線で崩土や倒木が相次ぎ、通行止めになった。地区センターなどによると、地域の124世帯が孤立状態という。崩土が起きた同地区入島の小泉成伸町内会長は「昨夜の最も雨風が強かった時間帯に崩れたのではないか。停電が続いているから復旧には時間がかかりそうだ」と心配そうに話した。
 同区の駿府城公園ではヒマラヤ杉やシイなど10本以上が倒れ、園内の一部道路をふさいだ。毎朝、通勤で公園を通る60代男性は「昨夜は2時間ほど風雨が激しく寝られなかった。こんなに大きな木が倒れるなんて驚いた」と語った。同区の北街道沿いの市民会館通り商店街ではトタン屋根の一部がはがれる被害もあった。
 暴風による車両事故も県内各地で発生。富士市と静岡市清水区を結ぶ国道1号バイパス下りの新富士川橋では30日午後11時55分ごろ、4トントラック3台が次々と横転した。強風にあおられたとみられる。けが人はいなかった。現場は数時間にわたり通行止めになり、1日午前9時50分ごろ解除された。富士市内は迂回(うかい)路となる県道など複数箇所で長い渋滞が発生した。静岡市葵区の国道1号静清バイパスでもトラックが横転した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト