静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

セアカゴケグモ、静岡の農地で2匹発見

(2018/8/16 08:11)
発見されたセアカゴケグモ(静岡市提供)
発見されたセアカゴケグモ(静岡市提供)

 静岡市は15日、清水区三保の農地で特定外来生物セアカゴケグモ2匹と卵のう6個が見つかったと発表した。既に殺虫剤で駆除し、健康被害の報告はないという。同市内でセアカゴケグモが確認されたのは4例目。
 市環境創造課によると、農作業をしていた市民が同日、市立清水第五中付近の農地でクモ1匹を発見。通報で駆け付けた市職員がこのクモとほかのクモを捕獲し、卵のうを発見した。いずれも専門家がセアカゴケグモと特定したため、市は現場周辺に殺虫剤をまき、16日からは周辺を調査する。
 セアカゴケグモはオーストラリア原産の毒グモ。背面の赤い模様が特徴で雌は神経毒を持つ。かまれると局所の痛みや熱感の症状が出る。市は、発見したら素手で触らず、殺虫剤で速やかに駆除するよう呼び掛けている。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト