静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

伊東・八幡野メガソーラー計画 事業者が「着工」、市は行政指導

(2018/8/11 07:14)
事業用地の進入路付近の土地を掘削する工事関係者=10日午後2時ごろ、伊東市八幡野
事業用地の進入路付近の土地を掘削する工事関係者=10日午後2時ごろ、伊東市八幡野

 伊東市八幡野の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画で、事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社は10日、事業用地で土地の掘削や樹木の伐採を行った。市の規制条例が「工事着手」と定める「本体工事に関わる作業」に当たる。市の担当者は現場で作業を確認し、条例違反として工事中止を求める行政指導を行った。
 条例に基づき「建設に不同意」との立場の市に対し、事業者は「条例の適用外」と主張している。今回、事業者は市の事前の中止要請を受け入れず、進入路付近の土地を重機で掘削。市の担当者が現場責任者に口頭で指導したが、さらに竹の伐採を強行した。
 市はこの作業を「条例に抵触する」として同日、書面でも指導を通達。今後も工事を強行すれば、中止勧告や事業者名を公表する。週明けにも経済産業省に条例違反を報告する方針。小野達也市長は「条例無視の許しがたい行為。厳しく中止を求める」と批判した。
 現場では反対派市民団体のメンバーが抗議した。同団体の田久保真紀事務局長は「事業者の暴挙は許せない。工事を差し止めるため司法の場に訴えていきたい」と話した。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト