静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

伊東・干物店強殺、被告が上告 控訴審の死刑判決を不服

(2018/8/1 08:11)

 伊東市の干物店で2012年、社長ら2人を殺害し売上金を奪ったとして強盗殺人の罪に問われ、控訴審で一審に続き死刑判決を受けた元従業員の無職の男(65)=同市大原=の弁護人は31日までに、東京高裁の判決を不服として最高裁に上告した。
 上告は30日付。被告は一貫して無罪を主張していたが、東京高裁は同日の控訴審判決で「被告が強盗殺人の犯人であることに合理的な疑いがない」などとして控訴を棄却した。
 控訴審判決によると、被告は12年12月18日、同市八幡野の干物店で、同店社長=当時(59)=と従業員=当時(71)=をそれぞれ刃物で突き刺した上、店内に設置されたプレハブ型冷凍庫内に閉じ込め出血性ショックで殺害し、店の売上金や釣り銭など現金約29万円を奪った。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト