静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新幹線「未梱包の刃物禁止」明文化へ 殺傷事件で緊急対策

(2018/7/20 17:01)

 政府は20日、神奈川県内を走行中の東海道新幹線で6月に乗客3人が殺傷された事件を受け、梱包(こんぽう)していない刃物類の列車内への持ち込みを禁止することを柱にした緊急安全対策をまとめた。手荷物検査は、抜き打ち実施を含めて「現時点では対応が難しい」(国土交通省)として盛り込まず、持ち込み禁止の実効性に課題を残した。
 列車内に持ち込めない危険物を定めた国交省の省令に爆発物などは記されているが刃物類の規定はなく、同省は省令を改正して明文化する方針。適切に梱包しない刃物を持った乗客が見つかれば、列車から強制的に降ろせるようになる。在来線を含めた全ての鉄道が対象になる。
 手荷物検査に関してはスペース確保や乗客の利便性、定時運行といった課題があり、飛行機のように全乗客への検査は困難で、抜き打ち検査も乗客の理解を得られないと判断。国交省は「現在の検査技術では課題を乗り越えることは難しい」としている。
 JR東海など新幹線を運行するJR5社は今回の対策とりまとめを受け、これまで車内でしか確認できなかった車両の防犯カメラ映像を異常時に運転指令所でも見られるようにし、車掌と指令所で同時通話する仕組みを整備する。護身用の防護盾や防刃ベスト、催涙スプレーなどを車内に配備した上で、警備員や社員による車内の巡回警備を充実させ、警察と連携した対応訓練も実施する。
 国交省と内閣官房、警察庁が殺傷事件後、JRと対応を協議し、事業者の取り組み状況を踏まえて当面の対策として発表した。

 <メモ>新幹線殺傷事件 6月9日午後9時45分ごろ、新横浜-小田原間を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線のぞみ265号(16両編成)の12号車で、乗客の女性2人がなたで切りつけられ、止めに入った男性が殺害された。神奈川県警は男性への殺人未遂容疑で小島一朗容疑者を現行犯逮捕し、殺人容疑で送検。小島容疑者は「誰でもいいから殺そうと思った」と供述した。県警は6月29日に女性2人への殺人未遂で再逮捕し、横浜地検小田原支部は裁判所に鑑定留置を請求して認められた。期間は今月13日から約4カ月。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト