静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ホテル跡地「分譲」計画変更を説得 収賄容疑逮捕の前伊東市長

(2018/6/18 07:37)
伊東市が2015年に購入したホテル跡地=17日午前、伊東市桜木町
伊東市が2015年に購入したホテル跡地=17日午前、伊東市桜木町

 伊東市のホテル跡地(同市桜木町)売買を巡る贈収賄事件で、警視庁と県警に収賄容疑で逮捕された前市長=伊東市宇佐美=が、跡地に分譲マンションの建設や宅地分譲を計画していた所有者(同市銀座元町)を説得し、同跡地を市に売却させたとみられることが17日、関係者への取材で分かった。関係者によると、容疑者の主導で、土地売買に絡む贈収賄の構図が描かれた可能性もあるという。
 跡地は2014年10月に建設会社が強制競売で、約4700万円で落札した。関係者によると、同社の土地の活用方法について、当初は分譲マンションの建設や宅地分譲などの計画が取り沙汰されていた。だが、建物の解体作業が行われているころになると、同社は周辺に「使途は決まっていない」と説明するようになった。このことで地元の建設業界内で「不自然」との見方が広がったという。
 同社は更地にした後、15年7月に市に2億500万円で売却した。関係者によると、業界内では同社が複数の開発業者の提案を断ったとのうわさもあり、「転売までの流れが速すぎる。解体時にはすでに容疑者との間で市への売却交渉がまとまっていたのでは」とささやかれていたという。
 容疑者は逮捕前の静岡新聞社の取材に対し、「当時は分譲マンションなどの話が出ていたが、市に譲ってくれるようお願いした。安い買い物だった」と話していた。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト