静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

山中の石仏群、一部損壊 磐田・獅子ケ鼻公園

(2018/6/12 07:12)
横に倒されるなどの被害が確認された石仏群=7日午後、磐田市の獅子ケ鼻公園
横に倒されるなどの被害が確認された石仏群=7日午後、磐田市の獅子ケ鼻公園

 磐田市豊岡地区の山間部にある獅子ケ鼻公園で、大正時代に造られたとみられる石仏群の一部が何者かに損壊されているのを、同公園のボランティアガイドを務める男性が11日までに発見した。
 損壊された石仏は4カ所で計8体。横に倒されたり、台座が割られたりしていた。5月と6月上旬にコース整備のため、周辺を歩いたボランティアガイド団体代表の平忠弘さんが確認した。4月中旬にコースを歩いた時は損壊された形跡はなかったという。
 石仏群は昨年、同公園東側の約3千平方メートルのエリアで12カ所に分けて計84体、台座だけの物も含めると計88体が見つかった。いずれも高さは35センチ程度で、千手観音や薬師如来などが彫られている。
 石仏は険しい森の岩穴に安置され、雨風の影響は受けにくいという。周辺に動物の足跡もないことから、平さんは「誰かが故意に壊したとしか考えられない。悲しいし、罰当たりな行為」と憤る。
 同公園を管理する市は、修復を含め対応策を検討中。市都市整備課は「梅雨の降雨期でもあり、最近落石が起きている区域なので、できるだけ立ち入りを控えて」と呼び掛けている。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト