静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

改ざん、社員相当数が認識 スルガ銀シェアハウス問題

(2018/5/16 07:54)
シェアハウス問題について説明するスルガ銀行の米山明広社長(右)=15日午後、沼津市内
シェアハウス問題について説明するスルガ銀行の米山明広社長(右)=15日午後、沼津市内
「かぼちゃの馬車」を巡る経緯
「かぼちゃの馬車」を巡る経緯

 不動産会社スマートデイズ(東京)が経営破綻し、同社が手掛けた女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」のオーナーが約束された物件賃貸料の入金がないため借金返済に窮している問題で、多くのオーナーに融資を実行したスルガ銀行は15日、相当数の社員が融資時の審査書類改ざんを認識していた可能性が高いとの見解を明らかにした。
 沼津市内で開いた2018年3月期決算発表会見で、米山明広社長が示した。現時点で改ざんの実行者や支店など組織的関与の有無は不明という。外部の弁護士を委員長とする第三者委員会を設置し、書類改ざんの全容、役員や社員の関与について本格的に調査する。
 米山社長は一連のシェアハウス関連融資について「顧客や株主、ステークホルダーに多大な迷惑や心配、不安を与えてしまった。心からおわびする」と謝罪した。自らを含めた役員の経営責任については、2、3カ月後とみられる三者委の報告や金融庁の検査結果を踏まえて「厳しい対応を取る」とした。

シェアハウス問題の構図
シェアハウス問題の構図

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト