静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

高校生の自転車通学事故、全国最多 静岡県、盛んな土地柄背景か

(2018/4/7 07:54)
静岡県内中高生の自転車事故の月別死傷者
静岡県内中高生の自転車事故の月別死傷者

 静岡県内高校生の通学中の自転車事故件数が全国で最多だったことが6日までに、有識者でつくる「自転車の安全利用促進委員会」の調査で明らかになった。他県に比べて自転車通学が盛んな土地柄が背景にあるとみられる。同日始まった春の全国交通安全運動は「自転車の安全利用の推進」が重点の一つ。関係機関は通学路の安全確保など事故防止に万全を期す。
 交通事故総合分析センター(東京都)のデータに基づき、2016年に発生した事故を調査した。高校生の通学中の自転車事故は静岡県が737件で最も多く、全国平均の173件を大幅に上回った。2位以下は埼玉686件、愛知593件、兵庫526件、群馬509件の順。高校生1万人当たりの事故件数は71・45件で、群馬の91・96件に次いで多かった。
 東京など大都市圏に比べると公共交通機関の利便性が低い本県。同委員会は温暖な気候が自転車通学に適し、道路の交通量が多いため四輪車との事故が目立つと指摘。「自宅から2キロ以上離れた場所で発生した事故が全国で最も多いことから通学距離が長いと推定され、事故の多さにつながっている」との見方を示す。
 中学生の自転車事故は117件で、埼玉、群馬に続き3番目に多かった。中学生1万人当たりの事故件数は11・04件で、全国7番目。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト