静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

あおり運転で免停30日 静岡県内初、男性会社員

(2018/3/15 17:00)

 静岡県公安委員会は15日、危険な「あおり運転」を繰り返したなどとして、県中部の40代男性会社員を30日間の運転免許停止処分にした。県警によると、あおり運転による免許停止の行政処分は県内で初めて。
 県警運転者教育課によると、男性は昨年11月、県中部で乗用車を運転中、国道1号バイパスに流入しようとした際に走行中の軽乗用車が進路を譲ってくれなかったことなどに腹を立て、あおり運転を繰り返すなどした上、なたやのこぎりを持って軽乗用車の運転者を脅したとされる。男性は銃刀法違反の疑いで摘発された。
 公安委員会は男性が運転により交通に著しく危険を生じさせる恐れがある「危険性帯有者」と判断。道交法は将来的に事故を起こす可能性があると判断した運転者に対し、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間の免許停止ができると規定している。同課は「悪質・危険な運転は今後も厳しく取り締まる」としている。
 あおり運転を巡っては、神奈川県の東名高速道で昨年6月、静岡市清水区の夫婦が死亡する事故が発生。警察庁が今年1月、全国の警察に対し厳正な捜査の徹底と積極的な免許停止の行政処分の実施を求める通達を出した。
 

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト