静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

高速渋滞ランプ点灯を 静岡県警など、死亡事故相次ぎ啓発

(2018/3/14 08:28)
高速道路の渋滞事故対策について関係機関に連携を呼び掛ける望月裕正県警高速隊長(左から2人目)=13日午後、静岡市駿河区
高速道路の渋滞事故対策について関係機関に連携を呼び掛ける望月裕正県警高速隊長(左から2人目)=13日午後、静岡市駿河区

 高速道路での渋滞車列に大型トラックが追突し、死亡事故になるケースが県内で相次いだことを受け、県警、中日本高速道路、県トラック協会は13日、緊急対策会議を静岡市駿河区の中日本高速道路静岡保全事務所で開いた。
 後続車に渋滞を知らせるためにハザードランプを点灯するなどの対応を、ドライバーに推進していくことを確認した。
 サービスエリアやパーキングエリアで啓発活動を強化するほか、県トラック協会を通じ、トラック運転手に対する注意喚起を実施する。県警の望月裕正高速隊長は「『自己防衛運転』と、前方注視の意識を持ってもらうことが大切。関係機関の知恵を結集し、同種事故を防がなければならない」と強調した。
 死亡事故は1日に富士市伝法の東名高速道上りで、10日に掛川市原里の新東名高速道上りでそれぞれ発生した。いずれも工事などで車線を規制し、渋滞が発生したところ、最後尾の乗用車に大型トラックが追突する形態だった。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト