静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

22日夜遅くにかけ雪警戒 静岡県内、平地も積もる恐れ

(2018/1/22 13:43)

 発達する低気圧の影響で、静岡県内では22日昼ごろから御殿場市や小山町などで雪が降り始めた。静岡地方気象台によると、22日夜遅くにかけて県内の山地を中心に大雪となり、平地でも雪が積もる所がある。22日午前時点で、23日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で東部15センチ、中部、伊豆10センチ、西部5センチ。
 23日朝には県内で雨や雪はやんでいる見込みだが、同気象台は積雪や路面凍結による転倒、交通事故、電線への着雪による停電、樹木からの落雪などに注意を呼び掛けている。
 中日本高速道路は22日から23日朝にかけ東名高速道の東京インターチェンジ(IC)―清水IC間、新東名高速道の御殿場ジャンクション(JCT)―新静岡IC間、新東名清水連絡路、東富士五湖道路の富士吉田IC~須走IC間などで通行止めを予想している。

 ■JR御殿場線特急2本運休
 JR東海静岡支社は22日、積雪の影響を見込み、御殿場線の特急の上下計2本を運休にすると発表した。同支社によると、特急は午後2時50分小田急新宿発御殿場行きの下り特急「あさぎり」5号と、午後5時56分御殿場発小田急新宿行き上り特急「あさぎり」6号の2本。午前11時45分現在、他の電車は通常運行している。

静岡社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト