静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

元同僚ら「機長、優秀なクルー」 浜松空自ヘリ墜落

(2017/10/19 08:46)

 浜松市沖の遠州灘で航空自衛隊航空救難団浜松救難隊のヘリが墜落した事故を受け、18日、静岡県のヘリ運用機関の関係者にも衝撃が走った。県内の元同僚や空の救助を担う隊員は、まだ見つかっていない4人の安否を気遣った。
 全国10カ所に点在する救難隊は「救難救助の最後のとりで」と呼ばれ、国内で最も高い能力を誇るとされる。
 機長の3等空佐(42)と、航空自衛隊の救難隊(宮崎県)で2年間活動したという元空自隊員でパイロットの男性(39)=静岡市葵区=は、デスクが隣同士でプライベートの話を頻繁にしたという。昼夜を問わず海や山での捜索救難訓練で技量を磨き、優秀なクルーだったといい、パイロットの男性は「墜落した事実は残念だが、とにかく生きていてくれたら」と声に力を込めた。県内外で救助活動を行う県消防防災航空隊も、浜松救難隊と合同で離着陸訓練などを行った経験がある。県消防防災航空隊の隊長は「今はただ4人の無事を祈るしかない」と言葉少なに語った。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト