静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

40人超から1700万詐取か 仮想通貨詐欺、浜松の男

(2017/10/19 08:45)

 仮想通貨「リップル」の取引を巡る詐欺事件で、警視庁サイバー犯罪対策課に逮捕された取引所運営会社(浜松市中区)の代表社員の男(31)=京都市山科区=は、40人以上の利用者から金をだまし取り、被害額は計約1700万円に上るとみられることが18日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、同社は資金繰りに行き詰まって経営破綻状態だった2015年2~3月、ホームページ上で「入金手数料無料キャンペーン!」「手数料を0円とさせて頂きます!」などと宣伝して利用者を募集。現金をだまし取る目的だった可能性があるとみて、実態を解明する。
 仮想通貨リップルは米国のベンチャー企業が開発。利用者から預かった現金に応じ、リップルの取引に必要な「IOU」と呼ばれるインターネット上の借用書を発行し、再び現金化もできる仕組みとなっている。
 容疑者は、14年5月にリップルトレードジャパンを設立。15年3月ごろには、利用者が現金を引き出せなくなり、容疑者とも連絡が取れなくなった。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト