静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

児童の証言、逮捕の決め手 富士の男児ひき逃げ事件

(2017/10/7 08:10)

 富士市で下校中の男児がひき逃げされて重傷を負った事件で、児童の目撃証言が容疑者逮捕に結び付いた決め手の一つだったことが6日、捜査関係者への取材で分かった。下校中の複数の児童が車や容疑者の特徴などを覚えていて、事件の迅速な解決につながった。
 自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで富士署に逮捕されたのは、同市厚原の無職の男(22)。逮捕容疑は3日午前11時20分ごろ、同市の市道で軽乗用車を運転中、下校中の小学2年の男児(8)と衝突して右足首骨折の重傷を負わせ、そのまま逃走した疑い。
 「車は銀色で、ナンバーは黄色」「運転していた人は20歳くらいの若い人」。複数の児童が衝突した車や、男児と衝突後に車から降りた男を見ていた。同署は児童の目撃証言を基に、似顔絵の作成や車両の特定など捜査につなげた。
 捜査関係者によると「髪形やひげ、眼鏡の形など全体的にそっくりだった」という。容疑者は一部容疑を否認している。
 捜査関係者は「子どもが相手での事故でも逃げることはできない」と話した。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト