静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

元船頭主任の無罪確定へ 天竜川下り船事故

(2017/10/3 08:26)

 2011年に浜松市の天竜川で川下り船が転覆し乗客ら5人が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた運航会社「天竜浜名湖鉄道」の元船頭主任(68)を逆転無罪とした東京高裁判決について、東京高検が上告を断念する方向で最終調整していることが2日、関係者への取材で分かった。無罪が確定する見通し。
 元船頭主任は事故の際に船に乗っておらず、9月20日の高裁判決は「転覆の現実的な危険性を認識できたとは考え難い」と指摘。高検は上告審で無罪の結論を覆すのは難しいと判断したもようだ。上告期限は4日で、近く最終決定する。
 今年1月の一審静岡地裁判決は「他の船頭を指導・訓練する義務を怠った」として禁錮2年6月、執行猶予4年を言い渡していた。
 元営業課長と実際にかじを取った元船頭=いずれも業務上過失致死罪で起訴=は一審で起訴内容を認め、いずれも執行猶予付きの有罪判決が確定している。
 判決によると、事故は11年8月17日に発生。客21人を乗せた船が川の流れで回転して岩壁に衝突し転覆、2~80歳の客4人と、操船していた船頭の男性が死亡した。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト