静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

コンクリ片が児童直撃 富士総合運動公園、フェンス壁の一部崩落

(2017/9/20 08:25)
コンクリート片が崩落したフェンス=19日午後、富士市の富士総合運動公園テニスコート
コンクリート片が崩落したフェンス=19日午後、富士市の富士総合運動公園テニスコート
崩落して男児に直撃したコンクリート片(富士市提供)
崩落して男児に直撃したコンクリート片(富士市提供)

 富士市は19日、同市大淵の富士総合運動公園テニスコートで18日午後8時20分ごろ、フェンス下のコンクリート壁の一部が崩落し、市内の小学5年の男児(11)の背中に直撃する事故が発生したと発表した。男児は軽いけがを負い、過呼吸の症状が見られたため、市内の医療機関に救急搬送された。命に別条はないという。市は現場付近にパイロンを置き、張り紙を掲示するなどして利用者に注意を呼び掛けている。
 市によると、崩落したのは高さ約1・3メートルのコンクリート壁の一部で、上部に設置された金網とのつなぎ目部分。1辺約20センチ、厚さ5センチの大きさで、重さは約2キロ。男児はテニス教室に参加し、練習の順番待ちのため、フェンス周辺で座っていたところ、コンクリート片が突然落下したという。市は施設の老朽化が原因とみて調べている。市スポーツ振興課は「管理上の瑕疵(かし)のために起きた事故で、男児には大変申し訳ない。詳細な検査を早急に行い、安全対策を講じたい」としている。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト