静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自動車速度を抑制 段差「ハンプ」設置実験 静岡

(2017/9/14 08:50)
「ハンプ」を仮設置した交差点=13日午前、静岡市清水区鶴舞町
「ハンプ」を仮設置した交差点=13日午前、静岡市清水区鶴舞町

 静岡市と国土交通省は13日、車の速度を抑制する「ハンプ」と呼ばれる台形状の段差を活用した交通安全対策の実証実験を同市清水区入江地区で始めた。26日までハンプを仮設し、車の交通量、速度の変化や騒音、振動などの影響を調べる。
 生活道路になっている市道交差点に高さ10センチのゴム製のハンプを設けて、交通量など設置前のデータと比較する。住民アンケートも行い、交通安全対策の実効性や周辺への影響を調査する。
 ハンプを使った交通安全対策は警察や地元住民らも加わった官民の協議会が提案した。国交省静岡国道事務所によると、静岡県内には22市町41地区で危険性の高い「生活道路対策エリア」が選定されており、担当者は「結果が良好であれば、他の地区を含めて本設置を検討したい」と話している。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト