静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

モバイルバッテリーから出火 静岡県内で続発、高温・異音に注意

(2017/9/8 07:45)
2017年5月に静岡市清水区で出火したモバイルバッテリー(静岡市消防局提供)
2017年5月に静岡市清水区で出火したモバイルバッテリー(静岡市消防局提供)

 携帯電話やパソコンの充電機器「モバイルバッテリー」から出火する事故が近年、全国で相次ぎ、県内でも静岡市清水区と藤枝市で発生した。持ち運びの便利さからビジネスマンや学生を中心に利用が広がる中、火災が増加傾向にあることから、消防当局は取り扱いの注意を呼び掛けている。
 5月上旬、静岡市清水区で駐車中のワゴン車の車内で煙が上がった。火元は後部座席で充電中のモバイルバッテリー。車に戻ったドライバーの男性がすぐに気付き、ペットボトルの麦茶をかけて消火し、車の焼損には至らなかった。
 藤枝市では2016年9月下旬、ノートパソコン用のモバイルバッテリーからの出火が住宅火災につながるケースがあった。民家の一室でバッテリーを充電中に火災が発生、木造住宅の一部を焼いた。バッテリー周辺が特に激しく燃えていたという。
 静岡市消防局によると、バッテリーに内蔵されているリチウムイオン電池の内部でショートを起こし、発火するケースが多いという。充電中だけではなく、持ち運んでいる時などに出火する可能性もある。電車の中や学校、病院など不特定多数の人が集まる場所での事故も懸念される。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト