静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

拘置支所で男性被告が自殺 浜松・女性殺害事件

(2017/9/7 08:03)

 浜松市東区小池町の路上で2016年6月、女性が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪で静岡地裁浜松支部に起訴されている住所不定、無職の男(43)が、静岡刑務所浜松拘置支所(浜松市中区鴨江)で自殺したことが6日、複数の関係者への取材で分かった。被告は裁判員裁判に向けた公判前整理手続きの最中で、同支所で勾留されていた。
 静岡刑務所(静岡市葵区東千代田)は同日、同支所で男性の刑事被告人が自殺したと発表したが、人物は明らかにしなかった。
 同刑務所によると、5日午後2時10分ごろ、単独室内で首をつっているのを巡回中の職員が見つけ、救命措置を施すとともに119番したが、搬送先の病院で死亡が確認された。発見時、タオル5本をひも状に結び、外窓の鉄格子に通して首をつっていた。遺書は発見されず、着衣の乱れや外傷もなかったという。
 同刑務所の森末晃弘所長は「被収容者の動静視察、心情把握に努めてきたが、このような事案が起きて誠に遺憾。今後はより一層、事故防止に努める」とコメントした。
 起訴状などによると、被告は2016年6月30日午後10時20分ごろ、浜松市東区小池町の介護職員女性=当時(45)=の自宅近くの路上で、所持していたバタフライナイフで女性を何度も突き刺し、失血死させたとされる。

 ■日中巡回間隔決まりなし 公訴棄却へ、真相解明できず
 静岡刑務所によると、自殺のあった5日午後、浜松拘置支所には計65人が収容されていた。刑務官の定員は35人で、夜間は15分に1回巡回するルールがあるが、日中は特に決まりはなかった。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト