静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

新たにアカカミアリ11匹 清水港

(2017/8/22 07:28)

 毒を持つ外来種のアリ「アカカミアリ」が清水港で新たに確認されたことが21日、関係者への取材で分かった。同港では7月にもアカカミアリが見つかっている。全国各地で南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が発見されていることなどを受け、県がわなを仕掛けていた。関係者によると、新たに見つかったアカカミアリは計11匹。県清水港管理局が同港にわなを設置したところ、21日までに2カ所でアカカミアリがかかっていた。
 アカカミアリは体長3~8ミリ。北米南部・中南米原産で、特定外来生物に指定されている。ヒアリよりも毒性は弱いが、刺されると激しい痛みを伴うとされる。これまでに名古屋港や東京港などで確認されていて、清水港では7月28日に17匹、同31日に3匹見つかった。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト