静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

陸自ヘリ、東富士で不時着 けが人なし 御殿場

(2017/8/18 12:21)
不時着した陸上自衛隊ヘリ=18日午前9時45分、御殿場市の東富士演習場(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
不時着した陸上自衛隊ヘリ=18日午前9時45分、御殿場市の東富士演習場(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から)
不時着した場所
不時着した場所

 17日午後7時40分ごろ、陸上自衛隊東富士演習場(御殿場市、裾野市、小山町)で、射撃訓練をしていたAH1S対戦車ヘリコプターがホバリング中に何らかの原因で高度が下がって不時着した。陸自が詳しい状況を調べている。
 陸自によると、乗っていた機長の男性3等陸佐と副操縦士の男性2等陸尉の2人に外傷はなかった。東部方面航空隊の第4対戦車ヘリ隊所属の機体で、スキッドと呼ばれるヘリの脚の一部が地面に接触した後に破損したが、ほかに大きな損傷はないという。
 ヘリは今月27日に開かれる国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」に向け、東京都の立川駐屯地から来ていた。当時、同機種の機体と2機で夜間訓練中だったが、不時着を受けてこの訓練は中止した。既に、演習場を管理する陸自富士学校が静岡県や地元市町などに報告したという。原因究明後、再発防止策を検討する方針。
 現場近くに民家などはない。ただ、17日は海上自衛隊のCH101多用途ヘリが、岩国基地(山口県岩国市)で訓練中に横転する事故も発生し、今後、自衛隊ヘリの安全対策が問われそうだ。
 東部方面航空隊長の佐野光1等陸佐は「地域住民や関係者の皆様にご心配をおかけし、遺憾に思う。速やかな原因の究明と安全対策に万全を期し、地域の皆様の信頼を得られるよう努力していく」とコメントを出した。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト