静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

診断書手数料 女性職員が着服 焼津の病院

(2017/2/17 17:04)

 焼津市立総合病院は17日、診断書の交付手数料を着服したとして、臨時職員事務部の女性職員(42)を懲戒免職処分にした、と発表した。
 同病院によると、女性は2015年10月~16年11月、122回にわたり、患者らから受け取った診断書などの交付手数料合わせて83万4300円を着服したとされる。病院が16年末に行った内部調査で手数料の未収入分を確認し、女性は着服を認めた。公金は全額返還されている。遠方に住む患者らから現金書留で手数料を受け取る場合、女性が現金を取り扱っていたという。
 同病院は焼津署に被害届を提出している。太田信隆市病院事業管理者は「再発防止に全力を挙げ、信頼回復に努めたい」とコメントした。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト