静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

免許返納者向け特典 静岡県警が発信 決断後押し

(2017/2/17 17:24)
サポート店に交付するポスター=県警本部
サポート店に交付するポスター=県警本部

 静岡県警は運転免許の自主返納を促すため、企業や自治体が提供する返納者向けの特典を取りまとめ、情報発信する取り組みを始めた。運転に自信がなくなった高齢者らにメリットを分かりやすく伝え、返納への一歩を踏み出しやすくする狙いだ。
 名称は「運転免許自主返納者サポート事業」。趣旨に賛同した加盟企業・団体を「サポート店」としてホームページで公開し、警察署や運転免許センターでも見られるようにする。
 運転免許を返納した際に交付される運転経歴証明書を提示すればタクシー運賃割引などの特典を受けられるが、周知は自治体や企業が個別に取り組んでいるのが実情だ。特典内容を一覧できるようにすることでメリットを明確にし、返納を後押しする。地元企業にも参加を働き掛け、特典を充実させる。サポート店には専用のポスターやステッカーを交付する。
 既に静岡県タクシー協会やバス会社、自治体など18社・団体がサポート店に名を連ねる。「割烹沼津ぼんどーる」(沼津市)は食事代を10%引きにする特典を設けた。支配人の布木靖彦さん(51)は「家族そろって食事を楽しんでほしい。自主返納が広がるきっかけになれば」と話す。
 全国で高齢ドライバーによる事故が相次ぐ中、県内で2016年に運転免許を自主返納した高齢者は1万2896人と過去最多だった。ただ、免許を保有する高齢者に占める割合は2・2%にとどまる。
 県警交通企画課は「サポート店を拡大し、さまざまな特典やサービスが受けられることを知ってもらいたい」と自主返納の拡大に期待を寄せる。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト