静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

島田の施設入所者暴行 元職員に懲役8月求刑

(2017/1/12 17:00)

 島田市の障害者支援施設で入所者に暴力を振るったとして、暴行の罪に問われた同施設の元職員の男(57)=焼津市すみれ台=の初公判が12日、静岡地裁(川畑薫裁判官)で開かれ、被告は起訴内容を全面的に認めた。即日結審し、検察側は懲役8月を求刑した。
 冒頭陳述で検察側は犯行の状況について、「言葉を話せない被害者のトイレを介助する際、小便器の前に立った状態で大便をしたことに腹を立てて暴力を振るった。同僚が目撃し、発覚した」と指摘した。
 被告は被告人質問で「大勢のトイレ介助、朝食の準備などが立て込む中で、思い通りにいかずいらいらしてしまった」と説明。「ほかの人にも乱暴な介助をしたことが数回ある。守るべき入所者に暴力を振るい、人の道を外れたことをした」と謝罪した。
 起訴状によると、被告は昨年7月15日午前5時50分ごろ、同施設のトイレで重度心身障害のある男性入所者=当時(55)=に対し、両腕をつかんで便座に押し倒した上、頭や腹をたたく暴行を加えたとされる。被告は事件後に施設を退職した。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト