静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡県内110番 過去10年で最少 2016年

(2017/1/10 17:00)

 2016年1年間に静岡県警が受理した110番通報は前年比152件減の21万4308件で、過去10年で最少だったことが10日、県警のまとめで分かった。不要不急通報が減ったことが主な要因。悪質ないたずらは依然多く、県警は適正な利用を呼び掛けている。
 県警通信指令課によると、事件や事故で緊急対応を要する通報は前年比1514件増の15万9981件。内訳は交通事故・違反などの「交通関係」が8万9707件で最も多く、犯罪に関する参考情報や不審者情報などの「各種情報」が2万4967件で続いた。
 いたずらや間違いなどの不要通報は1653件減の3万5684件、警察への要望や相談など緊急性のない不急通報は13件減の1万8643件だった。「毛虫を駆除してほしい」「自宅トイレの水が流れない」「血圧が低いが何を食べたらいいか」など警察の業務と無関係な内容も目立った。
 総受理件数に占める不要不急通報の割合は07年に42・9%だったが、16年は25・3%まで低下した。県警は事件事故情報の迅速な通報を求める一方、相談ダイヤル「#9110」や各種相談窓口の活用を呼び掛けている。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト