静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

排気口のカバー落下 JR沼津駅の改札内

(2017/1/10 07:48)
落下した排気口の外部カバー(静岡ターミナル開発提供)
落下した排気口の外部カバー(静岡ターミナル開発提供)

 JR沼津駅ビル・アントレ(沼津市)などを運営する静岡ターミナル開発は9日、アントレの壁に取り付けていた排気口外部カバーが、沼津駅改札内の階段通路に落下したと発表した。8日夜にJR運転士が通路に落ちているカバーを発見した。けが人はいなく、列車の運行に影響はなかった。
 同社によると、落下したカバーはステンレス製で、高さ、幅が36・5センチ、奥行き30センチ、重さは約1・5キロ。高さ約3・5メートルから落下し、カバーに付けてあった4本のボルトが抜けたり、破断したりした状態で見つかった。経年劣化が原因とみられる。
 カバーは2007年に設置し、16年10月の目視点検で異常は見つからなかったという。落下したカバーとは別にアントレに取り付けられた排気口の外部カバー2カ所も点検し、異常は無かった。同社担当者は「再発防止に努めたい」としている。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト