静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

養殖カキ1000個超盗難 湖西の業者 猪鼻湖

(2016/10/28 17:10)

 浜松市北区三ケ日町の猪鼻湖で、養殖中のカキ千~2千個が盗まれていたことが28日までに分かった。湖西市新居町の養殖業者が育てたカキで、「プリ丸」の名で冬に焼きガキとして提供される。シーズン前の被害に関係者はショックを受けている。
 被害を受けたのは、新居牡蠣(かき)組合の50代男性。27日午前6時ごろにカキ棚を見回っていたところ、カキが100~200個付着している針金の輪が10個なくなっていることに気付いた。
 輪はカキ棚からひもで水中につるされていて、1、2週間前に見た際はあったという。養殖場は船でなければ近づけない場所にあるが、誰でも立ち入れる。カキ棚の一列のうち中央の10個分だけがなくなっていたことから「波などで自然に外れるはずはない」と男性は話す。
 太田徳夫組合長(68)は「2、3個の輪が盗まれることは毎年のようにあるが、これだけ大量の被害は近年なかった」と憤る。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト