静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

海外製の薬を使用か 焼津、研修医準強姦事件

(2016/10/20 08:28)

 焼津市立総合病院の研修医による準強姦(ごうかん)事件で、男(28)が海外製とみられる薬を使ってわいせつな行為をしていたことが、19日までに捜査関係者への取材で分かった。焼津署は容疑者の自宅から同じ成分の薬が入ったパッケージを押収していて、詳しい入手先を調べている。
 関係者によると、薬を鑑定した結果、抗うつ剤に似た成分が含まれていた。服用すると、体に力が入らなかったり記憶がなくなったりする作用があるという。パッケージに外国語が印字されていた。
 容疑者は、今年5月と8月、市内の飲食店などでいずれも20代の女性に薬のようなものを酒に混ぜて飲ませ、意識がもうろうとした女性にわいせつな行為をしたとして逮捕、起訴されている。今月17日にも別の女性に対する同容疑で逮捕された。黙秘を続けているという。

静岡社会の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト