静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

奈良の乳児暴行死、二審も無罪 父親自白の信用性を否定

(2019/1/18 11:50)

 奈良県天理市の自宅で2016年12月、生後5カ月の長女を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた父親の工員(26)の控訴審判決で大阪高裁(宮崎英一裁判長)は18日、無罪とした一審奈良地裁判決を支持し、検察側控訴を棄却した。
 被告は逮捕時に容疑を認めたが、公判では一貫して無罪を主張。17年12月の一審判決は、被告の自白について、捜査官から「妻がやったのか」と追及を受け、妻に嫌疑が及ばないようにするために犯行態様の説明を変遷させた疑いがあると指摘し「虚偽の可能性があり、信用性に欠ける」と判断した。
 宮崎裁判長は、一審の判断を追認した。

全国社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト