静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東海道線仮設鋼材ボルト折れ接触 パンタグラフ破損で立ち往生

(2017/12/13 17:55)

 JR東海道線の電車4本が愛知県内を走行中、パンタグラフが破損するなどして駅間で立ち往生したトラブルで、JR東海は13日、高さ約6メートルに取り付けた架線固定用の仮設鋼材を止めるボルトが折れたことが原因とみられると発表した。固定されていた鋼材が垂れ下がり、電車のパンタグラフに衝突した。
 JR東海によると、仮設鋼材は長さ70センチ、重さ7キロ。幸田駅(愛知県幸田町)で行われた架線の工事で11日未明、取り付けていた。その後気温が下がったため、ボルトに負荷がかかり、折れた可能性があるとしている。

全国社会の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト