静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「生き残る強さ」を絵本に 長崎でノーベル賞受賞者が講演

(2018/10/16 19:50)
対談するロアルド・ホフマンさん(左)とアーサー・ビナードさん=16日午後、長崎市
対談するロアルド・ホフマンさん(左)とアーサー・ビナードさん=16日午後、長崎市

 長崎原爆を題材とした絵本の原作を手掛けた米国在住のユダヤ人で、詩人や劇作家として活動するロアルド・ホフマンさん(81)は16日、長崎市内で講演し、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を生き延びた経験を踏まえ、絵本を通じ「生き残ることの強さ」を表現したと語った。ホフマンさんは1981年に、ノーベル化学賞を故福井謙一氏と共同受賞している。
 「ざっそう」と題された日本語の絵本は今月、出版された。被爆した女性が、原爆で荒廃した大地にも雑草が芽吹いたことを回想する内容となっている。
 講演は長崎市で核廃絶を議論する非政府組織(NGO)の国際会議を開く実行委員会が主催。

科学・環境の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト