静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

スーパーカミオカンデ公開 観測精度向上へ改修中

(2018/6/10 18:55)
報道陣に公開されたニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」のタンク内部=10日、岐阜県飛騨市
報道陣に公開されたニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」のタンク内部=10日、岐阜県飛騨市

 東京大宇宙線研究所は10日、岐阜県飛騨市の神岡鉱山の地下にあるニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」を報道陣に公開した。ニュートリノを検出しやすくするための改修工事中で、公開は12年ぶり。
 装置は鉱山の地下約千メートルにあり、約5万トンの純水を満たした直径39・3メートル、高さ41・4メートルの円筒形タンクに光電子増倍管というセンサーを取り付け、ニュートリノが水と衝突し光を出すのを観測する。
 この日はタンクの内部を公開。透明な水中で、壁や底に1万本以上設置されているセンサーが整然と並んでいるのが見えた。

科学・環境の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト