静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

再生エネ発電22年に4割増 IEA、「太陽光新時代」

(2017/10/4 16:00)
中国・福建省にある太陽光発電施設=2016年(AP=共同)
中国・福建省にある太陽光発電施設=2016年(AP=共同)

 【ロンドン共同】国際エネルギー機関(IEA)は4日、太陽光や風力、水力といった再生可能エネルギーによる世界の発電容量が2022年に3056ギガワットに達し、16年に比べ43%増えるとの見通しを発表した。太陽光発電の設備コスト低下を背景に、中国を中心に導入が広がっているためだ。ただ日本の伸びは世界全体よりも鈍い。
 IEAは太陽光発電に関し「新たな時代に突入した」と指摘。16年の世界の発電容量は15年の1・5倍に拡大し、石炭など他の燃料よりも伸びが大きかった。
 日本については再生可能エネルギーの発電容量が16年比27%増の125ギガワットになると予測した。

科学・環境の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト