静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

JA、くすぶる農政不信 静岡県内、自民候補推薦見送りも

(2017/10/13 08:35)

 農協改革、農畜産物の貿易自由化…。政府が進める農業施策に対し、県内17のJA関係者の思いは複雑だ。22日投開票の衆院選では、農政への不信感から3JAが地元自民候補の推薦を見送り、推薦を出したJAからも「政府の考えに賛同したわけではない」との本音が漏れる。
 8区全域と7区の一部を管内とするJAとぴあ浜松は今回、地元候補への推薦を見送った。同JA経営管理委員会の鈴木和俊会長は「候補者本人が悪いわけではない」としつつ、「現在の農政はわれわれの考えと違うという意思表示。組織として筋を通した」と理由を語る。
 米国抜きでの発効を模索する環太平洋連携協定(TPP)は「重要5項目(コメ、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖)の聖域が守られなかったとの認識。約束が違う」。農協改革では農家以外の准組合員が加入する信用(金融)、共済(保険)事業への利用規制に関する議論も起こり、2015年の農協法改正では両事業の利用実態について5年間の調査を行うとされた。

衆院選(静岡)の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト