静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

函南町長に新人仁科氏 現職森氏の3選を阻む

(2018/3/26 07:41)
支援者と握手をする仁科喜世志氏(左)=25日午後10時半ごろ、函南町大土肥の事務所
支援者と握手をする仁科喜世志氏(左)=25日午後10時半ごろ、函南町大土肥の事務所

 任期満了に伴う函南町長選は25日、投開票が行われ、新人で元県議の仁科喜世志氏(67)が、3選を目指した森延彦氏(71)=連合静岡推薦=と新人で環境保護活動家の塩谷敬治氏(62)を振り切り、初当選した。投票率は46・71%。
 仁科氏は町政の刷新を訴えて立候補。町幹部まで務めた行政経験と県議の実績をアピールし、道の駅の経営内容見直しやJR函南駅周辺の開発、災害対策などを掲げた。幼保連携型認定こども園化による待機児童解消も主張し、徐々に若年層などに浸透していった。
 同町大土肥の事務所に当選確実の一報が入ると、仁科氏は支援者の歓声に迎えられた。

静岡県内市長選・町長選の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト