静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

富士市長に小長井義正氏再選 投票率37.59%

(2017/12/25 07:31)
支援者と握手を交わして当選を喜ぶ小長井義正氏=24日午後10時半ごろ、富士市青葉町の事務所
支援者と握手を交わして当選を喜ぶ小長井義正氏=24日午後10時半ごろ、富士市青葉町の事務所

 任期満了に伴う富士市長選は24日、投票が行われた。2013年の前回選と同じ顔ぶれによる保守系同士の対決は即日開票の結果、現職の小長井義正氏(62)=無所属=が、新人の元県議植田徹氏(68)=同=を破って再選を果たした。投票率は37・59%で、前回選(39・59%)から2・00ポイント下回った。
 小長井氏は「まちに元気を、ひとに安心を」をスローガンに、1期目の4年間で取り組んだ産業創生や観光誘致などの施策の継続を訴えた。選挙戦ではボランティアを中心とした草の根運動を展開し、党籍を持つ自民をはじめ、立憲民主、希望、民進の各党支持層や無党派層から幅広く支持を集めた。大票田である吉原地区で植田氏を大きく引き離したほか、現職の知名度を生かして地元の富士地区や旧富士川町でも堅調に得票した。
 植田氏は県政との連携強化を掲げて市政改革を主張し、出身の鷹岡地区や一部経済団体からの支持をまとめたが、全市的な広がりを欠いた。
 富士市青葉町の小長井氏の事務所では24日午後10時15分ごろ、「当確」の一報が届くと、集まった支援者から拍手と歓声がわき起こった。小長井氏は選挙戦で主張した中核市への移行について「議論を進めて理解を深めていく中で、できれば目指していきたい。それが10年、20年、50年後の富士市の発展につながる」と述べた。

 ■富士市長選開票結果
当43,115 小長井義正氏(62、無現2)
 34,417 植田  徹氏(68、無新)
▽投票総数78,408▽有効77,532▽無効876

 ■富士市長略歴
 小長井義正氏(こながい・よしまさ)
 富士市出身。一橋大卒。商社勤務や家業の米穀店経営を経て富士市議を5期務めた後、2013年の市長選に出馬して初当選した。平垣本町。

【更新終了】静岡県内市長選・町長選の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト