静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

河津町長に岸氏 リコール失職の前職破る

(2017/11/26 23:05)
花束を掲げて当選を喜ぶ岸重宏氏=26日午後8時半、河津町峰の事務所
花束を掲げて当選を喜ぶ岸重宏氏=26日午後8時半、河津町峰の事務所

 前町長の解職請求(リコール)成立に伴う河津町の出直し町長選は26日投開票され、新人で元副町長の岸重宏氏(67)が前職の相馬宏行氏(57)を大差で破り、初当選した。公職選挙法に基づき、岸氏は同日付で就任した。任期は4年。
 当日有権者は6391人(男3106人、女3285人)。投票率は71・98%で、選挙戦になった2010年4月の前々回選を9・80ポイント下回り、過去最低だった。
 岸氏は町の複合施設建設計画に反対し、リコール運動を展開した住民グループの事務局長。運動をともにした町民有志や町議、元町長らが全面的に支援した。相馬氏の政治姿勢を「町民の声に耳を傾けなかった」と指弾。相馬町政に対する批判票を全域から集め、無所属同士の一騎打ちを制した。
 同町峰の岸氏の事務所には同日午後8時20分ごろ、当選確実の一報が入った。岸氏は「情報公開と町民参加のまちづくりを進める。あすの河津をつくるために挑戦する」と決意を新たにした。
 3回目の当選を目指した相馬氏は、複合施設計画を白紙撤回。2期7年半の実績を訴えたが、リコール運動から続く町政の混乱が猛烈な逆風になった。
 同町では10月8日の住民投票で相馬氏が失職し、町長不在が続いていた。

 ■河津町長選開票結果
 
当2,954 岸重宏 67 無新(1)
  1,600 相馬宏行 57 無前
 ▽投票者総数4,600▽有効4,554▽無効46

 ■河津町長の略歴
 岸重宏氏(きし・しげひろ)河津町出身。1973年に町職員となり、水道課長、産業観光課長、総務課長などを歴任。2006年から10年まで副町長を務めた。中央大卒。峰

静岡県内市長選・町長選の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト