静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

菊川市長に太田氏4選 元市議小笠原氏破る

(2017/1/23 07:45)
4選を果たし、花束を掲げて喜ぶ太田順一氏=22日午後10時ごろ、菊川市加茂の事務所
4選を果たし、花束を掲げて喜ぶ太田順一氏=22日午後10時ごろ、菊川市加茂の事務所

 任期満了に伴う菊川市長選と市議選(定数17)は22日、投票が行われた。即日開票の結果、市長選は現職の太田順一氏(66)=民進、連合静岡推薦=が新人の元菊川市議小笠原宏昌氏(52)を大差で破り、4選を果たした。投票率は68・27%で、前回選を0・33ポイント下回った。市議選は17人(現職8、元職2、新人7)の顔ぶれが決まった。
 太田氏は社会資本整備の進展や子育て支援環境の充実など3期12年の実績を前面に掲げ、「菊川が住みやすいまちに選ばれるようになった」と訴えた。政党や業界団体から幅広い支援を得て、手堅い組織戦を展開した。
 小笠原氏は同級生や地元支援者が中心となって草の根の選挙戦を繰り広げた。太田氏の多選を批判し、市長自らが政策提案する積極型行政への刷新を訴えたが、届かなかった。
 菊川市加茂の太田氏の事務所に当確の一報が届くと、集まった支援者から歓声と拍手が湧き上がった。太田氏は「市民が次の4年を託してくれたことに責任の重さを感じている。全力でまちづくりに取り組みたい」と意気込みを語った。

 ■菊川市長選開票結果
 当 15,667 太田順一 66 無現(4)
    9,347 小笠原宏昌 52 無新 
 ▽投票総数25,425▽有効25,014▽無効411

 ■菊川市長の略歴
 太田順一氏(おおた・じゅんいち)旧菊川町出身。旅行代理店社長、同町議を経て、1998年から同町長を2期務めた。旧小笠町との合併で菊川市が誕生した2005年に初代市長に当選し、現在3期目。国学院大卒。堀之内。

 

静岡県内市長選・町長選の記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト