静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

自民静岡県連、党へ懸念伝達 細野氏の二階派入りで

(2019/2/10 07:37)

 自民党が9日に党本部で開いた全国の都道府県連の幹事長や青年局長を集めた会合で、静岡県連幹部は、細野豪志元環境相(衆院静岡5区)の自民党二階派入りについて静岡県連内の懸念の声を伝え、執行部側の考えをただした。執行部側は細野氏が自民に入党していない点を強調し、冷静な対応を求めた。
 会合は冒頭を除き非公開。出席者によると、薮田宏行県連幹事長は「地元は大変心配し、統一地方選に影響が出るという話もある」と二階俊博幹事長に質問した。二階氏は答えず代わりに林幹雄幹事長代理が「(細野氏は)入党したわけではなく、会派で連携する話にも今はなっていない」と説明したという。薮田氏は終了後、記者団の取材に「納得できないが、機会があれば、二階氏から話を聞きたい」と述べた。
 深沢陽一県連青年局長は別の会合で、岸田文雄政調会長と萩生田光一幹事長代行に「(細野氏の行動は)理解しがたいという声がある。次の衆院選で(党衆院静岡5区支部長の吉川赳氏が)マイナスにならないように対応してほしい」と要請。岸田氏は「あるべき選挙の姿を地元で考え、冷静な判断の下で追求してほしい」、萩生田氏は「理不尽な政治家に負けてたまるかという迫力を吉川氏は見せてもらわないと困る」と話したという。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト