静岡新聞NEWS

天城北道路が全線開通 伊豆観光アクセス向上、関係者祝う

(2019/1/27 07:18)
開通を祝い、関係者が車両のパレードを行った式典=26日午前、伊豆市の天城北道路
開通を祝い、関係者が車両のパレードを行った式典=26日午前、伊豆市の天城北道路
天城北道路
天城北道路

 伊豆縦貫道の一部となる天城北道路(伊豆市修善寺―矢熊、6・7キロ)の大平―月ケ瀬インターチェンジ(IC)間(5・1キロ)が26日、開通した。接続する国道136号下船原バイパス(0・84キロ)も同時に開通。天城北道路は全線開通となり、関係者が完成を祝った。
 伊豆市の修善寺総合会館では約400人が出席して式典が開かれ、川勝平太知事が「観光の道であり命の道。アクセスが良くなり伊豆半島を多くの人に楽しんでもらうことを夢見ている」とあいさつ。菊地豊伊豆市長は「伊豆半島の道路ネットワークの大きな進捗(しんちょく)。喜びを分かち合いたい」と述べた。天城北道路では地元園児によるテープカットの後、車両のパレードを行い、真新しい道路を通過した。
 修善寺道路と連結する天城北道路は国土交通省が2002年度に着工し、08年に修善寺―大平IC間の1・6キロが部分開通。今回の区間は主に山間部を通るため、4本のトンネルと橋が道路全体の8割を占める。下船原バイパスは月ケ瀬ICと国道を結ぶため県が建設した。
 開通により、沼津・三島方面から賀茂地域や伊豆市土肥方面へのアクセスが向上。国道136号と414号が合流する伊豆市下船原の出口交差点を通らずに下田方面や西伊豆方面に進むことが可能になり、渋滞緩和が期待される。

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト