静岡新聞NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

リニア工事で質問書 静岡県、JR東海に63項目

(2019/1/10 07:17)
JRに対する主な質問事項
JRに対する主な質問事項

 リニア中央新幹線南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、静岡県は9日、地質構造や水資源、生物多様性に関する63項目の質問書を、工事を進めているJR東海に送付したと発表した。1月末に開く有識者の専門部会で回答するよう求めている。流量減回避に向けた同社の対応の基本方針が不明確だとする県の基本認識も文書にまとめ、質問書と共に送った。
 質問書は2018年11月に開催した有識者の県中央新幹線環境保全連絡会議の議論や、大井川利水関係協議会からの質問、意見を踏まえて取りまとめた。同社への送付は昨年12月28日。「地質構造・水資源編」と「生物多様性編」に分類し、1月25日と30日の各部会でJRからの説明を聴取する。
 文書では基本認識として、トンネル工事に関して予測しきれないリスクや対応について「(同社の)基本方針が明確に示されていない」と指摘。総論としてこの点を明らかにした上で、個別の質問事項の協議に入る必要があるとした。
 質問のうち、地質・水資源関連では、大井川の流量減やトンネル湧水のポンプアップの恒久性、有害物質、突発湧水、地下水への影響などをリスクに挙げ、技術的な対応や認識をただした。生物多様性については、流量や水質、水温の変化による動植物への影響、工事発生土の河川への流入などについて、対策を説明するよう求めた。
 

静岡政治の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト